ハトムギでシミ、シワ対策に!美白、美肌効果、ムクミにも

更新日:

ハトムギは美白や美肌、むくみその他様々な効能効果のある雑穀です。

ハトムギは美白や美肌、むくみその他様々な効能効果のある雑穀です

 

昔からハトムギはそのまま食べたりお茶や化粧品などに加工されたりと、多くの人に愛用されてきました。

ハトムギは名前にムギとつくことから麦の一種だと思われがちですが実はイネ科の雑穀です。

古来からハトムギのもつ薬効の高さゆえにとても珍重されてきました。

今回はそんなハトムギの効果、効能と効果的な取り入れ方をご紹介します。

スポンサーリンク




ハトムギにはどんな栄養素が含まれているの?

ハトムギは他の穀物類と比べるとタンパク質や脂質が多く含まれています。

例えば、精米と比べてみると、含まれるたんぱく質は2倍以上。

しかもそのタンパク質はアミノ酸のバランスが非常に良いといわれ、10種類以上ものアミノ酸が含まれています。

タンパク質以外にはビタミンB2も豊富でその量は玄米以上。

他にもコイクセラノイド、有機ゲルマニウム、パルミチン酸、ミリスチン酸、カルシウム、カリウム、ナイアシン、亜鉛、鉄分、銅、マンガン、ビタミンB1、葉酸、パントテン酸、食物繊維を多く含みます。

精米と比べると食物繊維は約8倍も多く含まれています。

ちなみにハトムギにはカフェインは含まれていません。

ですから小さいお子さんからご年配の方まで安心して使うことが出来ます。

 

ハトムギは主にどんな効能、効果があるの?

ハトムギは漢方では皮をむいたものをヨクイニンと呼び様々な処方で幅広く使われています。

日本には徳川時代に中国から入ってきて初めは薬として使われていました。

ハトムギは特にイボとりの特効薬もと言われ薬効はとても高く効果効能も様々です。

そこでハトムギがどんな症状に効果があるといわれているのかをご紹介します。

 

ハトムギのイボとり効果

ハトムギと言えばイボとり!

一度出来てしまうとなかなか治りにくいイボですが、ハトムギを常食すると本当にキレイに無くなるといわれているほど、イボとりには効果がある食べ物です。

通常、皮膚科などでイボを除去する場合、出来てしまったイボに「液体窒素」を付けた専用の綿棒をイボにぐっと押し付け、「ジューッ」とイボを焼きます。

イボは真っ赤になった後、凍傷を起こします。ズキズキと多少の痛みがあります。この処置を週に数回または1週間に1~2回繰り返し行います。

「水イボ」はプールなどで傷口から感染するウイルス性のイボですが、子どもがかかりやすいイボの一つです。

水イボを皮膚科で治療するにはピンセットで無理矢理引っ張って取るので痛みを伴います。

子どもさんは泣きますし、大人であっても痛いのは嫌ですよね。

そんなウイルス性のイボにハトムギは効果を発揮します。

 

ただしイボに効くとはいってもあまり効果のないイボもあります。イボには、ウイルス性のイボと、ウイルスが原因ではないイボの2種類があります。

ハトムギ、ヨクイニンの効果があると言われているイボはそのうちのウイルス性のイボです。

魚の目や唇や男性性器の陰茎に出来る老人性のイボ「イボ・フォアダイ」などには残念ながら効果がないと言われています。

ハトムギ、ヨクイニンが効果を発揮するのは「ヒトパピローマウイルス」といった約100種類以上のウイルスが原因で出来るイボなので注意が必要です。

 

肌荒れやニキビ改善

ハトムギは皮膚の新陳代謝を良くする効果が抜群です。

皮膚細胞のめぐりが良くなり新しい皮膚がどんどん作られるようになります。

そのため肌荒れやニキビの改善などにも効果があるといわれています。

 

肌のシワを薄くしたりシミを作らせない美白効果

ハトムギは皮膚の新陳代謝を良くし血液の流れを正常に戻します。

その結果、肌の老化を防いだり、ターンオーバーがスムーズになるので、皮膚の浅いところに出来たシミなどが薄くなったりシワのないスベスベな肌になると言われています。

ハトムギのエキスなどが入った化粧品やコスメなどは残念ながら直接的な美白効果はあまり期待できないのだとか。

塗ったからと言って肌がいきなり白くなる効果は薄いそうです。

もしハトムギで美白効果を狙うなら内側から摂ることが効果的。

ハトムギを体内に取り入れると、新陳代謝を良くなるので肌のターンオーバーが促進され、新しい皮膚に変わるサイクルがスムーズになるのだそうですよ。

体全体のムクミをとる効果

ハトムギは体内の余計な水分や毒素を排出する効果があります。

水分の代謝が良くなるので尿の出が良くなるため体全体のムクミがとれるのです。

漢方では体の水はけが悪い為に起こる陰性体質の体質改善に、ハトムギは非常に有用な生薬とされています。

女性ならば生理前などは体がむくみやすくなるんですよね。

普段から生活にハトムギを取り入れるとむくみにくくなるそうですよ。

アトピー性皮膚炎にもハトムギは効果的

ハトムギは子どものアトピーから大人のアトピーまで幅広く効果を発揮するといわれています。

アトピー性皮膚炎は一般的に夏場に悪化するジュクジュク型と冬場に悪化するカサカサ型があります。

ハトムギはそのどちらのタイプにも効果を発揮するといわれています。

 

ハトムギは胃腸の働きを改善

ハトムギは特に消化器の働きを促します。

胃腸の機能を整えるとともに腎臓の働きも良くしていきます。

 

ハトムギの効能・効果を摂り入れる方法

ハトムギを摂るにはいくつかの方法があります。

食べる、飲むといった体の内側からアプローチする方法と、肌に塗るといった外側から摂りいれる方法です。

体の内から、外から、両方摂り入れれば、よりハトムギの効果効能を摂取しやすいですよ。

ハトムギ入りの化粧品、コスメを使ってみる

ハトムギは皮膚に塗っても効果があると言われています。

ハトムギの主な成分は糖類、アミノ酸類、コイクセラノイド。

成分の中でも「コイクセラノイド」には腫瘍が出来るのを抑える効果や、肌の角質の代謝を高める働きが認められています。

ニキビ肌の改善や、肌のボツボツやイボを無くしたり、イボが出来にくい肌にする効果もあるのだとか。

また、ハトムギを普段から摂取していると、肌がスベスベになりきめ細やかで、なめらかな肌になるのだそう。

ハトムギに含まれる「有機ゲルマニウム」は、肌の免疫力を高め、肌を酸性からアルカリ性へと変えてくれます。

その結果、肌荒れなどの炎症を抑えたり、アトピー性皮膚炎の改善、肌の老化防止、保湿作用が期待出来るのだそう。

美白効果に関しては、ハトムギ入りの化粧品やコスメには直接的な効果はあまり期待できないのだとか。

ハトムギには血流を良くし免疫を強化したり、肌のターンオーバー、新しい皮膚の再生を促す効果があると言われています。

その結果、肌のくすみが取れ、明るく透明感のある美肌に導いてくれます。直接的な美白効果はないそうです。

ニベア&ナチュリエには美白効果がある?

最近ニベアとハトムギ化粧水「ナチュリエ」を一緒に使うと肌が白くなると話題です。

なぜ、すぐに肌がしろくなるのか、それはニベアに含まれる「チタン」によるものだそう。

肌そのものが白くなるわけではなく、白い粉が肌を白く見せているのだとか。

ですから、顔を洗えばもとの肌色に戻ってしまうのです。

またナチュリエはハトムギコスメとされていますが、大容量で価格も安いので含まれているハトムギエキスの量は恐らく極微量でしょう。

肌がしっとりするなどの保湿効果はハトムギの効果というより、ナチュリエに含まれる保湿剤の効果です。

ハトムギのもつ効果を狙うのであれば、あまりにも低価格なものは避けたほうがベターですよ。

ハトムギコスメ、化粧品の種類

ハトムギ化粧品、コスメはハトムギの皮を除いた種子からエキスを抽出したものが配合されものがほとんどです。

ハトムギ入りの化粧品、コスメには化粧水やクリーム、ジェル、ハトムギエキス、石鹸、パック、クレンジングなどがあります。

ハトムギ配合のコスメといえば、首回り、顔、皮膚全般に出きるポツポツの改善に効果的です。
「シルキースワン」はハトムギ入りの首元、胸元専用のクリームです。肌をなめらかにし、イボをとれやすくします。回数の縛りの無い定期コースならジェルもついてきます。@コスメでの評価も上々。初回はお安い価格設定なのでお試ししやすいと思います。パッケージも可愛いと評判です。

 

ハトムギ茶を飲む

ハトムギの薬効を手軽にとるならハトムギ茶がおすすめです。

ハトムギ茶は冷たくても温かくても、美味しく飲めるので、1年を通して楽しめます。

普段飲んでいるお茶をハトムギ茶に変えるだけで良いので簡単に楽しめて続けやすいのも魅力です。

 

ハトムギ茶はどこで買うのが良い?

ハトムギ茶ですが最近ではスーパーなどでも売られています。

自然食品店や、成城石井、カルデイなどでも種類は少ないですがたまに見かけます。

ただし、質の良い国産のハトムギ茶となるとなかなか良いものが手に入りにくいですね。

ネット通販なら日本全国の良質なハトムギ茶が簡単に手に入るのでおすすめです。

ハトムギ茶を選ぶときに気を付けること

ハトムギ茶を選ぶうえで気を付けなくてはいけないのが品質にバラツキがあること。

ティーバッグのハトムギ茶などは、お茶のカサを増やすために麦茶を混ぜたり、大麦を混ぜたりしているものがあるので注意が必要です。

ハトムギの含有率が低ければそれだけ効能、効果も得られにくくなります。

出来れば信頼の出来るオーガニック店などで売られているものか、ネット通販などでも信頼出来るお店がありますので、そういうお店で買うことをおすすめします。

また、出来れば中身の見えないティーバッグなどは避けた方が無難です。

image

そこで、ハトムギ茶を選ぶときのポイントをいくつかあげてみましたので選ぶときの参考にしてみてください。

  • 国産のハトムギを100%使用しているものを撰ぶ
  • ハトムギを100%使用しているものを選ぶ
  • ハトムギを発芽されているものを選ぶと尚良い

 

殻付きのハトムギ茶は効能が高い?

さらにハトムギ茶は殻付きかどうかで、少し効能が変わってきます。

美容だけではなく、健康のためにハトムギを摂るのであれば、殻付きが特におすすめです。

ハトムギはとくに殻の部分に利尿作用があり、むくみを解消する効果が強いからです。

ただ、殻付きのハトムギはなかなか見かけませんので、殻付きのハトムギにそこまでこだわる事は無いかと思います。

良質なハトムギ茶ならこれ

良質のハトムギ茶を選ぶなら国産のハトムギ茶をおすすめします。

国産のハトムギ茶でおすすめをいくつかご紹介します。

がばい農園 発芽はとむぎ茶

by カエレバ

 

『高千穂漢方研究所 発芽はとむぎ茶』

by カエレバ

 

 

発芽はとむぎ、発芽裸麦、くこ葉、くま笹、全て国産のものをブレンドしたハトムギ茶です。ハトムギ100%ではありませんが、品質が良いという理由であえてご紹介しました。高千穂漢方研究所のハトムギ茶と特徴はハトムギを発芽させ長時間弱熱焙煎で芯まで焼き上げる特許製法により成分を抽出しています。通常ハトムギ茶は10%程度しか養分を抽出出来ないといわれています。そのてん高千穂漢方研究所の特許製法なら通常の3~4倍の有効成分を抽出できるそうです。自社工場で製造販売と一貫生産してるので安心の点でもおすすめです。

 

ハトムギ茶の飲み方

ハトムギの飲み方ですが、食前に飲むのがハトムギの有効成分をとりいれやすやすいとか。

また1日に飲む分だけの量を煎じるようにするのがベストです。

なぜならハトムギにはタンパク質が含まれているため日持ちがせず劣化しやすいからです。

煮だしたハトムギ茶は冷蔵庫で保存した場合でも2日以内に飲むようにしてください。

ハトムギ茶の飲む量は、美容効果、健康維持のためならば1日5~10gが良いと言われています。

疾患治療のためなら15~20gが適量です。

飲み過ぎはよくないのできをつけてください。

 

ハトムギ茶の煮だし方

ハトムギ茶はお湯を注ぐだけのものもありますが、やはり煮だしたものの方がハトムギの成分をしっかりとることが出来ます。

煮だし方です。

沸騰したお湯1リットルに適量のハトムギを加え、弱火で20分煮詰めてできあがりです。

沸騰後出来れば20分以上煮詰めると更に効果的です。

これで殆どの有用成分が水中に溶けだします。

沸騰は90度くらいにし、そのあとじっくりと長めに煎じるのがコツです。

ハトムギの煎じカスにも成分は残っていますのでは捨てたりせずにそのまま食べたり、お米に混ぜて炊くとよいです。

ハトムギは捨てる箇所がない生薬ですね。

 

ハトムギ茶はいつ飲むのがベスト? 

ハトムギ茶の飲むタイミングですが、効果的に飲むのであれば、食後ではなく空腹時に飲むのがおすすめです。

食前30分に飲むという飲み方が最も良いといわれています。

空腹時なら十分にハトムギの成分が吸収されるからだそうです。

 

ハトムギをご飯と一緒に炊く

ハトムギそのものをご飯と一緒に食べるのも美味しくておすすめです。

ご飯に混ぜて食べるときには殻のついていない脱穀したハトムギを使います。

by カエレバ

お米や麦類と違い、ハトムギは胚芽の部分にも栄養が豊富なので精白したものでも充分に薬効が得られます。

ハトムギは固いので炊く前に1時間ほど浸水することがポイントです。

浸水するのがもし面倒な場合は、ハトムギをあらかじめ割ってある「引き割りのハトムギ」や、少し小さめな粒に仕上げてあるハトムギを使うのも良いと思います。

by カエレバ
by カエレバ

ところでハトムギには特有の匂いがあります。

もしその匂いが気になる場合はよく洗ってください。

よく浸水し吸水させたものをお米と一緒に普通に炊きます。 蒸らし時間を通常よりも少し長めにとると良いようです。 ハトムギは他の雑穀類よりも粒が大きいので初めは食べにくいかもしれません。 食べ初め、気になる方は少量から始めると良いと思います。

 

ハトムギのシリアルやグラノーラを食べる

ハトムギをシリアルやグラノーラに加工したものも最近では色々なものが出ています。

シリアルなら他のグラノーラやコンフレークなどと一緒に食べられるのでとても手軽にハトムギの成分をまるごと食べられます。

by カエレバ

小腹が空いたときにカリポリとスナック代わりに食べたり、そのままサラダにトッピングするなど楽しみかたも色々。

by カエレバ

お茶漬けやヨーグルトと一緒に食べるのも美味しいです。







-むくみ, 美白ケア, 肌荒れ対策

Copyright© 姫子の美的生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.