健康食

玄米には毒があるって本当?玄米を無毒化するための方法とコツ

更新日:

玄米というと体に良いというイメージがありませんか?

健康のため、美容のために玄米を食べてる人、結構いると思います。

でも玄米は食べ方ひとつで体に悪い影響を与えることがあると言われています。

それは玄米には人間にとってになる成分が含まれているからです。

玄米には毒性があるって本当?

実は玄米には発芽仰制因子であるABA(アブシジン酸)が含まれています。

発芽仰制因子とはその植物にとってはとても大切なもの。

その植物が育つのに調度適した良い季節にきちんと発芽出来るよう、種の発芽を抑えるための成分です。

玄米、雑穀などの種子には子孫を守るため、動物に食べ過ぎられないように自ら身を守るメカニズム、発芽仰制因子が含まれています。

この発芽仰制因子は他にも、土の上でも種が腐敗しないような役割も担っています。

この発芽仰制因子であるABA(アブシジン酸)は私たち人間にとっては毒性のある物質なのです。

玄米に含まれるアブシジン酸が怖いわけ

玄米には自らを守る物質ABA(アブシジン酸)が含まれていますが、ABAは私たち人間が持っているミトコンドリアの遺伝子にとっては毒になる物質です。

私達人間がアブシジン酸を摂りすぎると生きていくうえで必要なエネルギーを作り出せなくなります。

エネルギーを作り出せなくなると一体どんなことが起きるかわかりますか?

  • 低体温
  • 不妊
  • ガン細胞の増殖
  • すべての体内酵素の働きが鈍くなる
  • 免疫力低下

こんな不調の数々のオンパレードに悩まされます。

健康のために食べていたはずの玄米が私達の健康を奪っていく。

実際、玄米を食べている人の中には、どす黒い顔色をしていたり皮膚のツヤが無かったり元気が無いなと感じたことが結構あります。

ですから、玄米は無毒化してたべることが大切。

玄米食で大切なポイントは発芽仰制因子のアブシジン酸を無毒化することなんです。

発芽していない玄米を食べるとこんなことに悩まされる

 

発芽させていない玄米を食べると知らず知らずのうちにこんな不調が起きてきます。

なんだか最近すぐに疲れちゃうのよね。頑張りがきかなくて困るな~

ミトコンドリアがエネルギーを作り出せないので低体温になり免疫が落ちるんですね。

だから当然疲れやすくなります。

老化が早まったり筋肉が衰えてくるので力も出なくなります。

病的に痩せてきたりホルモン分泌もおかしくなります。

病気やあらゆる感染症にもかかりやすくなります。

ここのところちょっとしたことでイライラしちゃって家族にあたっちゃう。怒りっぽくなったし、以前興味を持ててたことが最近つまらなくて・・・。前向きになれないしすぐ悲観的になる。こんな自分が嫌だな

 

ミトコンドリアがダメージを受けるのでエネルギー不足になります。

やるきがなくなり頭の働きも鈍くなるのです。

怒りっぽくなって好奇心もなくなり悲観的になります。

体臭、口臭もきつくなってきます。

それは怖いね。体に良いと思って食べていた玄米にそんなデメリットをあったななんてショック!
じゃあ玄米は食べない方が良いの?それとも玄米をたべるのに何か良い方法はあるのかしら?

 

玄米を無毒化する方法は次の二つ

玄米には私達、人間にとって毒になるような成分アブシジン酸が含まれていますが、実はその毒は無毒化することが出来ます。

主な方法は次の2つ。

  1. 玄米を乾煎りする
  2. 玄米を水に浸し発芽状態にする

1.玄米を乾煎りする

まず1の玄米を乾煎りする方法ですが、正直美味しくないです。口に入れるとモソモソして食べられた物じゃないです。

いくら体に良くてもこの方法はNGですね。

2.玄米を発芽させる

次に2の浸水させる方法ですがこれはようするに玄米を発芽させるということです。

時間と手間がかかりますがこの方法が一番良いと私は思います。

水に浸すことで玄米が水分を吸収するのでふっくら柔らかく炊けるので美味しいです。

アブシジン酸を無毒化するだけではなく食べやすくなるというメリットもあるのでこの方法がおすすめです。

玄米を発芽させることのメリット

玄米を発芽させることの一番のメリットは発芽仰制因子のアブシジン酸を無毒化させられることです。

玄米は水に浸すことで発芽仰制が解けて発芽促進を始めます。

また玄米に含まれるミネラルの吸収もアップしフィチンの抗がん力もアップするといわれています。

 

ランキングはこちらをクリック!にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

-健康食

Copyright© 姫子の美的生活 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.