【板前魂のおせち料理・花籠】を食べてみた感想と商品、お取り寄せ情報

【板前魂】のおせち料理【花籠】をお取り寄せしました。

おせち料理【花籠】は、板前魂の数あるおせち料理の中でも、販売開始以来、不動の人気を誇っているナンバーワンのおせち料理です。

お料理の内容は本格和洋風三段重、3人前。

おせちならではの伝統食材と洋風のお料理を一緒に楽しめるので幅広い年齢層の方に人気があります。

お料理はあらかじめお重に盛りつけられているので、ふたを開けたらすぐに食べられるので手間がかからず楽ちん。

しかもボリュームがあるわりに、お値段はお手頃価格。

ご両親やご友人などへのプレゼントにも人気です。

2022年の板前魂のおせちの予約はもう始まっています。

板前魂のおせちは早く予約するほどお得になりますので早期予約がおすすめです。

また同じおせちの2個セットなら500円お安くなるのでまとめ買いがお得です。

この記事では、 板前魂のおせち料理【花籠】を食べてみた感想と板前魂のお取り寄せ方法、商品情報をご紹介いたします。

 

板前魂のおせち花籠とは

板前魂のおせち料理【花籠】は販売開始依頼、不動の人気を誇るおせち料理です。

 

内容は和風、洋風のお料理が盛り込まれた3段重、重箱のサイズは 19.6センチ× 19.6センチ× 4.5センチ、おおよそ3人前の内容になっています。

 

板前魂のおせちの人気料理すべてがほぼ盛り込まれている基本的なおせちです。

 

花籠はこんな人におすすめ

板前魂のおせち【花籠】はこんな人におすすめです。

花籠はこんな方におすすめ

  • お手頃な価格なおせち料理を探している人
  • 和風、洋風、両方のお料理が食べたい人
  • バラエティにとんだおせち料理が食べたい人
  • 予定に合わせておせち料理を食べたい人
  • 保存料や合成着色料などを使っていないおせちが食べたい人
  • 中国産主原料をつかっていないおせちが食べたい人
  • 初めて板前魂のおせちを食べる人

 

板前魂のおせち【花籠】の商品情報

商品名 花籠(和洋風三段重)
価格 12月9日(木)以降の価格9480円(税込)
重箱サイズ 19.6センチ× 19.6センチ× 4.5センチ
賞味期限 冷凍状態で2022年1月15日、解凍後、冷蔵庫保存で2日間
保存方法 冷凍保存。 解凍後は冷蔵庫で保管。
販売期間 商品がなくなり次第終了。 北海道、沖縄県、伊豆諸島、鹿児島県(鹿児島郡、大島郡)のお届け先は12月17日金曜日。毎年12月中旬に完売することが多いです。

 

板前魂の【花籠】を食べてみた感想

今回食べたのは和洋風三段重【花籠】9480円(税込)です。

それぞれのお料理についてご紹介します。

一の重

子持ち昆布山海和え

プチプチとした歯ごたえの子持ち昆布と枝豆を醤油で薄味に仕上げた和えものです。数の子がいっぱい入っているのでプチプチとした歯ごたえが楽しめるいっぴんです。

 

くるみ甘露煮

くるみをサクサクとした甘露煮に仕上げたものです。お子さんにも人気の逸品。食べてみた感想はくるみが香ばしいです。味付けも濃すぎずちょうど良い。箸休めにぴったり。

有頭海老

新鮮なエビの味噌を丁寧にとりのぞき、味が染み込むように茹で上げたものです。 食べてみた感想は、エビがしっかりと大きめでジューシー、食べごたえがある。

 

味付数の子

業界で本チャンと呼ばれる歯ごたえが良い太平洋産の1本物を使用。 食べてみた感想は、大きくて立派な数の子です。パリパリとした歯ごたえも良いですね。

 

海老黄金てまり

黄金に見立て、手まりの形にした海老団子です。食べてみた感想は海老のプリプリとした歯ごたえが美味しいいっぴん。味付けも濃すぎず薄すぎずちょうど良い。

 

オーロラカスタード

カスタードクリームを透き通る柔らかなもちでで包みひと口サイズに仕上げたスイーツ。

カスタードクリームが入った葛饅頭のような味わい。優しい甘さのカスタードクリームにぷるっとした皮が不思議な美味しさ。

 

若桃甘露煮

若桃をさっぱりとした甘さの甘露煮にしてあります。種まで柔らかく食べられます。コリッとした歯ごたえとふんわりとした桃の香りが美味しい

 

子持ちヤリイカ

小さなヤリイカにニシンの卵と魚肉のすり身を詰めたものです。

イカの柔らかさとプチプチとした食感が楽しめます。弾力のある歯ごたえがなんとも言えず美味しい。味も濃すぎずちょうど良いです。ついつい食べたくなってしまういっぴん。

 

さつまいも干支

国産のサツマイモ伝統職人技で可愛らしい干支の形に細工を施した蜜煮です。干支型が可愛い。甘さはほんのりです。少しぼそっとしていたのが気になりました。

 

紋甲いかの柚子味噌和え

 

コリコリとしたモンゴイカをさっぱりとしたゆず味噌で和えさらにカニの内子を加えた和え物です。口に入れた途端ゆずの香りがふわっと広がりました。紋甲いかも柔らかくて食べやすいです。お酒のおつまみにもおすすめです。

弐の重

にしん昆布巻

(脂ののったニシンを柔らかな口当たりの北海道産昆布で巻いて丁寧に煮たものです。昆布とニシンがとても柔らかく炊きあがっていました。

もちろんニシンは骨まで柔らかく、生臭さもないので食べやすい。しっかりとした味付けなので、酒のあてや白いご飯によくあいます。)

 

サラミ風チーズ鶏肉巻き

(開いた鶏肉に豚のひき肉とチーズを包みアクセントに大葉をはさんで巻いたオードブル。食べてみた感想は、パストラミハムのよう。ワインにも合ういっぴんです。)

 

サーモンとパプリカのマリネ

細切りの大根とパプリカにサーモントラウトをふんだんに和え甘酢風味に仕上げたものです。大根のシャキシャキ感ととろっとしたサーモンが美味しい。ワインにも合いそう

 

たたきごぼう

丁寧に下処理をした国産ごぼうを、醤油と少量のお酢を加えてまろやかな味に仕上げたもの。食べてみた感想は、味付けは濃いめで酸味は強く有りません。あまり硬くないので硬いものが苦手な方でも食べやすいと思います。

 

有頭海老

新鮮なエビの味噌を丁寧にとりのぞき味が染み込むよう茹であげています。大きめの海老でプリッとしていて旨味もあるので、食べごたえがありました。

 

田作り

国産のカタクチイワシを炒って醤油、砂糖、みりんで味付けしたごまめです。香ばしく甘みたっぷりに仕上がっています。酒のつまみ、箸休めに嬉しいいっぴんです。

 

味付信田巻

やわらかなすり身にごぼうやにんじんを入れたものを油揚げで巻き、薄口のだしで煮たもの。少しぱさついてる感じが残念な感じ。少し甘いです。

 

栗甘露煮

栗にじっくりと火を通し優しい甘さの甘露煮に仕上げたもの。食べてみた感想は柔らかすぎず硬すぎず、ちょうど良い炊き加減です。栗の風味を生かした甘さです。

 

寿マロン

厳選された大粒栗に祝いの「寿」の文字を焼印で押したものです。栗の甘露煮と同じ美味しさ。寿の文字がお正月らしくて気分が上がります。

 

チキン三昧

ごぼう、人参、インゲンを鶏のもも肉で巻いたお子様にも人気の三色巻です。しっかりと鶏肉の歯ごたえがありジューシーで美味しいです。味付けも濃くなく薄すぎずちょうど良いですね。

 

伊達巻

石臼をひいた昔ならではの製法でしっとり柔らかな食感が楽しめる伊達巻。しっとりしていてコクがあります。

 

花餅紅梅

甘さ控えめの粒あんが入ったお餅を梅の花にかたどったもの。紅色の梅の形がおせちを華やかに彩っています。もちっとしたお餅とつぶあんの組み合わせは鉄板。こういう甘みが入っていると味にメリハリがでておせちも飽きませんね。

 

花餅白梅

めでたい白梅のかたちの大福です。白梅の形がおめでたいお正月を感じさせてくれます。甘さも控えめで口当たりも良いです。こういう甘みが入っているのは嬉しいですね。

 

照焼帆立

新鮮で肉厚な青森県産のホタテを、秘伝の醤油ダレにつけ込んでじっくり時間をかけて照り焼きにしたもの。帆立の旨味が美味しいいっぴん。味付けが濃いめなので酒の肴や、白いごはんがほしくなる。

参の重

鱈のうま煮

鱈の繊細な身を煮崩れをしないように丁寧に直火釜丁寧に炊き上げた旨煮です。味付けが濃いめで甘さも効いてます。 白いご飯にとてもよく合うのでご飯がすすみます。少しパサついてる感じがありました。

 

渋皮栗甘露煮

新鮮な栗を使い渋皮こごとじっくり煮上げた甘露煮です。 とても手間ひまのかかる逸品。

 

きんとん

なめらかな舌触りの鳴門金時芋を使い品のある甘さに仕上げたきんとんです。食べた感想はとてもなめらかなきんとん。しっかりとした甘さです。箸休めにも良いかも。

 

しそ風味の姫れんこん

とても珍しい姫レンコンを紫蘇風味の甘酢でつけたものです。口に入れるとしその良い香りが口いっぱい広がる。シャキシャキとした歯ごたえがくせになる美味しさ。甘酸っぱくて味は濃い目。

 

紅白なます

 

国産の大根、人参を使っい甘酢風味で和えたもの。さっぱりとしていて箸休めにちょうど良い

 

たこの旨煮 

板前魂のおせちの中で人気ナンバーワンのお料理。 丁寧に塩もみをした岩たこを一気に火を入れふっくらと炊き上げたもの。

食べてみた感想はたこが箸でちぎれるほど柔らかです。味は濃い目のあまから味です。

 

ふかひれ風中華くらげ

 

真だら子昆布煮

真たらの卵と昆布を甘辛く煮付けけたもの。味付けが濃いめです。 たらこの旨味と甘辛い味が白いご飯とよく合います。お酒のおつまみにも良いです。

 

焼湯葉

軽く炙って焼き目をつけた馬生湯葉を上品なだし汁で煮含めたもの。薄味なので湯葉の旨味が楽しめます。湯葉ならではの歯ごたえも美味しい。とても気に入ったいっぴん。

 

黒豆(金箔入)

北海道産の大豆黒豆「祝黒」を一豆入魂で三日間かけて炊き上げたものです。

芯まで柔らかく炊けていて食べやすいです。甘さも控えめであきのこない味。

 

【花籠】の食べ方、保存方法、解凍方法

おせち料理の【花籠】は冷凍おせちなので食べる前に解凍する必要があります。

解凍の仕方は冷蔵庫内(10度以下)に入れておくだけです。

おせち料理は1段ずつフィルムで包まれています。解凍する場合はフィルムを外さず1段ずつ分けて解凍します。

解凍時間は約24時間〜36時間です。 一部完全に解凍されていないものがある場合は、常温でさらに1時間〜2時間ほど様子を見ながら解凍します。

急ぎで解凍されたいときは、風呂敷から重箱を取り出し一段ずつラップで包みバラして冷蔵庫で解凍してください。バラして解凍した場合の所要時間は約8〜10時間です。

また解凍後、冷蔵庫から出したてですとお料理が冷たいので、食べる2時間前ぐらいに室内に出し常温に戻すとより美味しく食べられます。

もし冷蔵庫内にスペースがない場合は、室内で解凍することもできます。

室温で解凍する場合は、送られてきたダンボールのまま冷暗所(目安8〜12度)で約12時間〜20時間置いてください。

その場合は10度以下の暖房の影響がない部屋で解凍します。 お重箱は外箱から出さず、風呂敷に包まれた状態で24〜30時間かけて解凍します。

解凍後は冷蔵庫に保管し早めに召し上がってください。再凍結や、電子レンジなどでの解凍は風味が損なわれるのでさけてください。

 板前魂のおせちは中国産主原料は一切不使用

板前魂のおせちには中国産主原料は一切使っていません。

また食品衛生法で定められた規格に加え、板前魂が独自に設けた厳しい基準をクリアした安心、安全な食材のみを使っています。

板前魂のおせちには保存料(ソルビン酸)不使用

板前魂のおせち料理には保存料(ソルビン酸)を使っていません。

市販のおせち料理には魚肉などの練り製品にはソルビン酸が使われています。

これは菌やカビがつくのを防止するためですが、近年このソルビン酸が遺伝子の変異を起こすと言うことが確認されています。

そのため板前魂では食の安全を考え、 衛生管理の徹底、調理の工夫などにより、2016年からソルビン酸無添加を実現しています。

板前魂のおせち料理は合成着色料不使用

板前魂のおせち料理には合成着色料は完全無添加です。

天然の着色料を使ったり、加熱することで鮮やかな色味が出る食材を選ぶなど、 合成着色料を使わずに彩り鮮やかなおせちを作る工夫をしています。

天然の着色料、食材の自然な色合いを引き出した安心安全のおせちです。

板前魂のおせちは食中毒の対策、鮮度保持にワサオーロを使っている

 

板前魂おせち料理にはすべてのお重に抗菌、鮮度保存シートを使っています。

この抗菌シートは「長期抗菌シート【ワサオーロ】」というもので、わさびや辛子に含まれる「アリルカラシ油」を主成分とした天然の抗菌、防かび、鮮度保持剤です。

この抗菌シートを使うことで食中毒菌や腐敗細菌などに対し、食中毒の回避や鮮度保持に役立ています。

板前魂魂のおせちは販売総数198万セットの大人気おせち

板前魂のおせち料理は販売総数198万セット(2021年7月現在)という大人気おせちです。

楽天市場では、 お惣菜食材ジャンルで 2016年、2017年、2019年と、3回【楽天ショップオブザイヤー】を受賞しています。

また 2017年から2019年に惣菜食材ジャンルで大賞も受賞しています。

板前魂のおせち早期予約受け付け中

板前魂の2022年のおせちの予約はただいま受付中です。

板前魂のおせちは楽天市場Amazonからお取り寄せが出来ます。

お取り寄せはこちらから

送料は、全てのサイトで送料は全国無料です。

楽天市場で【板前魂のおせち】を見てみる

Amazonで板前魂のおせちを見てみる




-お取り寄せグルメ
-

© 2022 姫子の美的生活 Powered by AFFINGER5