DHA・EPA PMS 月経前症候群 アレルギー対策 オメガ3脂肪酸 オメガ3系オイル・DHA・EPA 健康食 更年期障害

🌹インカインチオイルの 効能 効果 が凄い!

更新日:

インカインチオイルは最近気に入ってよく使っているオイルの1つ。

おもにスープや、炒めものなどといった加熱調理に使っています。

image

 

今朝もインカインチオイルを使ってグリーンピースのポタージュを作りました。

インカインチオイルはオメガ3脂肪酸が豊富なオイル。

えごま油や亜麻仁オイルと同じオメガ3系のオイルです。

あれ? オメガ3のオイルって熱に弱くなかったっけ?

そうなんです。

実はこのインカインチオイルは加熱に強いオメガ3系のオイルなんです。

加熱に強いオメガ3のオイルってなかなか無いですよね。

酸化をあまり気にせずに使えて結構良いので今回はインカインチオイルのご紹介をします。

インカインチオイルってなに?

インカインチオイルは ペルーアマゾン熱帯雨林原産の、インカインチの種子(サチャインチの種子)から搾った油です。

インカインチとはトウダイグサ科の常緑ツル性植物。 グリーンナッツとも呼ばれ、その実は星形でとても特徴的な形をしています。 

image

 

日本ではインカインチの実からとれたオイルを「インカインチオイル」とよぶほか、グリーンナッツオイル、サチャインチオイル、インカインチグリーンナッツオイル、アマゾングリーンナッツオイル、など、様々な名称でよばれています。

インカインチの種子のほとんどは無農薬栽培されていて、収穫した種子についてはコールドプレス製法(低温圧搾製法)で時間をかけて丁寧に搾油されています。

日本ではインカインチオイルは亜麻仁油やえごま油と同じく優れたオメガ3系オイルとして知名度があがってきています。

 

インカインチオイルのここが凄い!

 

インカインチオイルの魅力的なところはなんといってもオメガ3系のオイルであるのに熱に強いところ。

そしてえごま油や亜麻仁オイルといった他のオメガ3系オイルに比べて酸化しにくいのが特徴です。

その理由はビタミンEが他のオメガ3系オイルに比べて豊富に含まれているから。

ビタミンEのお陰で130℃の熱にも耐えられ、トランス脂肪酸にも変化しにくいのです。

だから安心して加熱調理にも使えて便利。

えごま油や亜麻仁オイルなど、ほとんどのオメガ3系のオイルは熱に弱く調理方法が限定されるのでそこがちょっと使いにくいところ。

その点インカインチオイルは加熱に強いので、わが家では炒めものやパスタ、スープなどもっぱら加熱調理に使っているお気に入りのオイルの1つです。

エゴマ油や亜麻仁オイルと比べインカインチオイルはオメガ3特有の青くさい風味が少し強めだと私は感じます。

匂いが気になるようでしたら、菜種油やアボガドオイルなどと割って使うなどの工夫をすればそれほど気にならずに美味しく食べられると思います。

なんといっても加熱に強いオメガ3系のオイルって貴重な存在ですよね。

オメガ3系のオイルを摂取することで美容面やダイエット、健康面での効果が期待できるので使わない手はないです。

またインカインチオイルの魅力的なところは保管場所にそれほど神経を使わなくて良いところ。

酸化に強いオイルなので保管は冷蔵庫ではなく常温保存でOK。

保管方法に気を使わなくてすむところもインカインチオイルを気に入っている理由です。

飲む美容液!インカインチオイルの豊富な効能・効果

インカインチオイルはα―リノレン酸をたっぷり含むオメガ3系オイルです。

現代人の多くは脂肪酸の摂取バランスが崩れていると言われています。

脂肪酸にはいくつかの種類がありますが、圧倒的に足りていないのがオメガ3脂肪酸。

オメガ3脂肪酸の欠乏により脂肪酸の摂取バランスが崩れ様々な病気や不調を引き起こしています。

足りていないオメガ3脂肪酸を意識的にとることで摂取バランスが整い以下のような辛い症状や不調の改善に効果があると注目されています。

インカインチを摂ることで効果があるといわれるのはこんな症状。

 

  • がん細胞の増殖を抑制
  • うつ症状の予防、改善
  • 体内の様々な炎症を鎮める効果
  • 脳細胞の正常な働きを助ける働き
  • ダイエット効果
  • イライラ改善
  • シミやシワ、たるみの軽減などの美肌効果
  • 認知症の予防
  • アレルギー体質の改善
  • 子どもの学習傷害やADHDの予防や改善
  • ガン細胞の増殖を押さえる効果
  • メタボリック症候群改善

 

インカインチオイルには様々な効果効能があるんですね。

インカインチオイルには天然ビタミンEが含まれている

 

インカインチオイルには他のオメガ3系のオイルには含まれていない γ‐トコフェロール(天然ビタミンE) が豊富に含まれています。

えごま油、しそ油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルと比較しても抜群の抗酸化力なんです!

エゴマ油や亜麻仁オイルと比較するとその還元力、抗酸化力はなんと約2.5倍

インカインチオイルは オメガ3脂肪酸、ビタミンEを多く含むスーパーオイルなんです!

 

女性は絶対摂るべき!インカインチオイルに含まれるビタミンEの効果効能とは

 

ビタミンEは最強の抗酸化力を持つビタミンと言われています。

その効果効能はとにかく細胞を丈夫にしてくれること。

血液の流れを良くする効果が抜群なので頭痛、肩こり、冷え性などに効果があります。

また、血管の老化や動脈硬化を防ぎ、血管を強くして若さを保ちます。

肌から紫外線を守る日焼け防止効果もあります。

小じわといった皮膚の老化を防ぐので美肌には欠かせない成分。

血行を促すので肌の艶が増して少女のようなピンク色のプルプルなお肌を保ってくれます。

嬉しいことにダイエット効果もあること。

ビタミンEは脂質の酸化を防ぐので高コレステロール、高血圧、高血糖などの症状を予防、改善をするからです。

またホルモンの分泌も整えます。

その理由はビタミンEが黄体ホルモンの材料になってるから。

そのため更年期障害の治療にも効果があります。

貧血予防や改善にも効果を発揮するので毎月の生理で大量の血液お消費する女性には良いと思います。

胃・十二指腸潰瘍の治療にも役立つのでストレス社会を生きる現代人には必須な栄養素ですね。

ヘルペス性口内炎の改善と予防効果も。

患部に直接塗布すると痛みがすぐに軽くなるそうです。

疲れ目にも効果があります。 現代はパソコンやスマホなどで目を酷使する時代。

目の老化を防ぐためにも日頃から摂りたい成分です。

また活性酸素から脳細胞を守るのでアルツハイマー型痴呆の進行を遅らせることも期待されています。

また過酸化脂質を作らせないようにするのでがんの予防にも良いと言われています。

胆石の予防。 それから、痔にも良いらしいですよ。

女性は出産後痔になるケースが多いそうです。

ビタミンEをしっかりとり予防を。

そして精力増進作用も。

性ホルモンの分泌をよくして生殖機能の衰えを防ぎます。

 

手に入らなくなる?現在収穫困難なインカインチオイル

 

インカインチオイルは最近では雑誌やテレビで紹介されることも増え、じわじわと人気が出てきています。

すでにネットショップなどでは売り切れなど購入しにくくなってきているとか。

さらに、ペルーでは 昨年夏からのエルニーニョ現象の影響による豪雨のため、サチャインチの栽培が甚大な被害にあったそうです。

しかもワイヤバンバナ種のサチャインチは、病原菌が発生したため、壊滅的な被害だったとか。

栽培農家の話では、その回復には1年以上かかり、現在、回復のめどは全く立っていないとのことです。

インカインチオイルもう1つのボルビリス種は、比較的被害が小さかったためになんとかオイル生産は可能らしいです。

ただ、オメガ3系オイルの人気もあり、仕入価格は従来の2倍以上に高騰しているそうです。

今現在売られているインカインチオイルもショップの在庫が無くなった場合は購入が困難になる場合もあるとか。

実際、ネットショップでも売り切れになり始めているところが結構あります。

インカインチオイルは保存もきくので私は何本か買い置きをしました。

 

インカインチオイルを使っていての感想

 

インカインチオイルはオメガ3脂肪酸がたっぷりのオイルでありながら、含有されているビタミンEの効果で酸化しにくいオイルです。

だから加熱には他のオメガ3系のオイルより強いので使い道が広くて使いやすいです。

ただ、香りはえごま油や亜麻仁オイルよりもかなり青臭さを感じるように私は思います。

なので、炒めものなどにインカインチオイルを使う時には、インカインチオイルと合わせてアボガドオイルやバターなどの他のオイルをほんの少し足して使うことが多いです。

そうすると特有の青臭さが和らいで食べやすくなります。

インカインチオイルの保管は性質上、冷蔵保存ではなく常温保存をしなければいけないので管理の点でえごま油や亜麻仁オイルに比べて楽なのが魅力です。

いくら酸化強いといっても油はデリケートなもの。

直射日光が当たるような場所での保管は絶対にタブーです。

必ず光の当たらない戸棚などに保管してください。

またインカインチオイルは酸化しにくいからか、容量が多いものが多いようです。

ただし、酸化しにくいといっても早めに使わないと魚臭さ(青臭さ)が気になってきます。

これは酸化によるものなので、私はなるべく開封したら 3 か月以内を目安に使うようにしています。

今までインカインチオイルを使ってきて、2~3ヶ月はとくに匂いに変化もなく使えています。

夏場などはやはり早めに酸化してしまい、匂いがキツくなって捨てたこともあります。

酸化した油を摂るのはとても体に悪いので気を付けてくださいね。

青臭さが強めのインカインチオイルですが、オメガ3を多く摂りたい時、加熱に使えるのはとても魅力的。

他のオイルとブレンドして使えば使いやすいと思いますよ。

 

インカインチオイルはどこで買えるの? おすすめのインカインチオイルはこれ

インカインチオイル、スーパーなどではなかなか見かけません。

売られている主な店舗を調べてみたところ、成城石井や明治屋、ナチュラルハウスや三越伊勢丹、こだわりのある自然食品の店や、京急ストアなどが主な取扱いのある店舗です。

ネットショップで購入するのが便利だと思います。

Amazonなどでは送料無料なところも多いので、店舗購入と比べ商品価格はそれほど変わらないか、それよりも安くなる場合も。

まとめ買いをすればさらにお得になるようです。

 

おすすめのインカインチオイルはこれ

 

研光通商サチャインチオイル

by カエレバ

サチャインチオイルと表記されていますが、サチャインチオイルはインカインチオイル、グリーンナッツオイルと同じものです。 もちろん安心のオーガニック製法、有機栽培で作られたものです。 オイルの抽出方法は、薬品を使わないコールドプレス製法です。遮光瓶入りなので紫外線による酸化にも安心。容量は多めの270g入り。加熱料理やサラダなどにたっぷり使えます。

 

アルコイリス インカグリーンナッツ・インカインチオイル

Amazon

by カエレバ

アリコイリスのインカインチオイルは以下のようにかなりこだわりをもって作られているので体に優しいだけではなく、地球にも優しいオイルだと思います。

生産地の伝統や文化から直接学び、素材を発見すること。 その土地の伝統や文化を尊重し、誇りに思う生産者と共に働くこと。* 消費する人と生産する人、双方のQOL(生活の質)の改善を両立し、且つ自然環境に負荷をかけないこと。* 素材が本来持つ自然な個性が最大限に引き出されるよう、製造工程に配慮すること。* 商品の力ともの作りの背景にあるストーリーを伝えること。

 

 

アルコイリスインカインチオイル【有機JAS認定品】

by カエレバ

オオサワジャパンが取り扱っている【アリコイリスカンパニー】のインカインチオイルオイルです。 こちらは同じアリコイリスのものでも有機JAS認定されたオーガニックのインカインチオイルです。 容量は180gです。

 

紅花有機グリーンナッツオイル

by カエレバ

えごま油、亜麻仁オイルでもお馴染みの紅花食品のインカインチオイルです。 有機栽培、オーガニック栽培のインカインチオイルです。 容量は少な目の100gなので、取り合えず試してみたいかたにおすすめです。

 

有機JAS認定 サチャインチオイル

by カエレバ

この記事のまとめ

 

他のオイルに比べて高価なインカインチオイル。

インカインチオイルの種子はほとんどがオーガニック栽培されています。

しかもインカインチオイルはコールドプレス製法で圧搾されているので地球と身体に優しい優秀なオイルです。

それでいて容量はほとんどの製品が180gと多め。

ですからインカインチオイルはコスパを考えるとえごま油や亜麻仁オイルなどに比べてお手頃です。

毎日使うオイルだけに、美容・健康に良いものを使いたい。

ぜひお気に入りの1本を見つけてくださいね。

-DHA・EPA, PMS 月経前症候群, アレルギー対策, オメガ3脂肪酸, オメガ3系オイル・DHA・EPA, 健康食, 更年期障害

Copyright© 姫子の美的生活 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.